You are here:  / メリット・デメリット / 後悔しないFX取引に。ロールオーバー・値洗いをするメリットとデメリット

後悔しないFX取引に。ロールオーバー・値洗いをするメリットとデメリット

420af7fb6075f8a2acb489a24b7481d7_s

ちょっとした事で損をしてしまう可能性があるFX.こちらも対策をしないといけません。そんな時の処方としてロールオーバー・値洗いをします。

しかし、この2つにはメリットもありますが、デメリットも存在しており、使い方に注意しないといけません。そんな2つを有効活用する為に、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s

 ロールオーバー

ロールオーバーとは、持っているFXをニューヨーク市場が終わるまでに決算するのではなく、翌日に持ち込む事を言います。FXは一見、株みたいに持ち続ければいいと思っている人が多いと思いますが、実は違います。

2日後ぐらいになると自動的に売られてしまう仕組みになっていますが、業者が勝手にロールオーバーをしてくれているだけの話でしで、ほとんどの投資家はこのロールオーバーを無意識にしていると言う事になります。

 メリット

好きな時に取引ができるので、市場が売りの状態でない場合でも、持つ事ができ、先が読め、扱いやすいもの。

しかも、うっかり忘れても、業者が勝手に先延ばししてくれるので、投資家としてはありがたく手続き必要ないので、手間も省けFXに集中できるのがメリットと言えるでしょう。

 デメリット

自動的に延長してくれる業者ですが、もちろんタダではありません

手数料を加える事はしませんが、FXで出た金利でロールオーバーのコストを補っており、本来もらえる金利より安くなっています。便利ですが、知らない間に金利から取られていると思うと、少々嫌ですよね。

 値洗い

値洗いとは、その日で出た利益を決算しようがしまいが関係なく、評価し利益として計算する事を言います。

例えば、100円が110円になった場合、値洗い無しだと、110円のままで翌日に持ち越すことが可能です。

しかし、値洗いありだと、決算しなくとも「今日は10円の価値があった」と評価されて、翌日は110円であったとしても、100円の価値でスタートし、取引が行われていく事になります。(業者によって方法は様々ですが、主に上記の値洗いが多いようです。)

この値洗いは、主にロールオーバーで翌日に持ち込む場合に発生するので、ロールオーバーとセットで覚えておいて損はないでしょう。また、値洗いをする業者としない業者があるようですので、取引する前に確認するのをオススメします。

 メリット

この値洗いは、確定申告の時に役に立つ事が多く、証拠にもなるのです。また、確定申告や税金などは、とにかく資料が多い方が役に立ちます。

どのような動きをしていたのかが、わかりますので、今後の資料にする事ができ便利なのです。経理関係をしっかりしたい人は、この値洗いを有効活用する手はないと言っても過言ではないと言えるでしょうね。

 デメリット

もちろん、金利から差し引かれてしまいます

そして、この値洗い、市場によってはつけない方が、税金が安く済む場合があり、全てにつけた方がいいと言い難いのが難点です。また、数字が苦手な人には、上下する価値が難しく映るかもしれません。

とはいえ、あなたが持つFXの動きで付けるか付けないを見定める必要はあると言えるでしょうね。

420af7fb6075f8a2acb489a24b7481d7_s

 まとめ

 翌日に延ばすロールオーバー、翌日の価値を再精算してくれる値洗いは、切っても切り離せない物と入っても過言ではありません。あまり、いい状態でないFXを翌日に持ち越し、さらにはその状況を精算してくれ確定申告に役立つ二つは、初心者はもちろん、経験者にもありがたい仕組みですよね。

しかし、手間賃として金利から引かれているのが、ちょっと嫌な部分であり、場合によっては損してしまう事もあります。市場の状態がいい場合はその日の内に、取引してしまう方がお得だと言えそうです。

 

 

LEAVE A REPLY

Your email address will not be published. Required fields are marked ( required )