You are here:  / メリット・デメリット / 国内FXの方が税金が安いって本当?税金制度から説明します

国内FXの方が税金が安いって本当?税金制度から説明します

5485fbc8422ae3b01d01d4dc5a323832_s

生きている限り支払い続けないといけない税金。特に、働いて利益を出してしまうと確定申告を支払わないといけません。それはFX取引も例外ではなく、ある程度利益を出すと申請しないといけない義務が生じます。

でも、それは国内で取引したFXの話で海外FXはどうなるの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。そこで、今回は税金制度について説明します。

5485fbc8422ae3b01d01d4dc5a323832_s

確定申告の基準って何?

FXを行っている人が確定申告を出さないといけない基準は下記の通りになっています。

給与所得者=年間20万円以上の利益

それ以外の方(FX専門で稼いでいる人など)=年間38万円以上の利

給与がある人(副業)とそうではない人(FX専門)との確定申告の基準は違ってきます。また、この利益というのは純利益のことを指し、経費(パソコンなど準備品)などを差し引いた金額となります。

例えば、年間25万円の利益があったとします。しかし、機材や通信費などで年間15万円使ったら、純利益が10万円となり確定申告の必要はないと思っても大丈夫です。

 国内と海外の税制の違い

ここからは、上の基本的な確定申告ではなく、もはや確定申告を出さないといけないと言う事を基準に説明していきますね。

 国内FXの税制

国内のFXは申告分離課税なので、どれだけ利益を出そうが純利益の20%を納めないといけない事となっています。

つまり、100万の利益の人も、1,000万の利益を出した人も支払う税率は一緒で、100万なら20万円を、1,000万円の人は200万円を納めないといけないと言うルールとなっており、金額で税率が多くなると言う事はないと言えるでしょう。

 海外FXの税率

しかし、海外FXの場合は違い、申告分離課税とは違い、総合課税(雑所得)となっています。

その税率の割合が下記の通り。

  • 195万円以下     = 15%
  • 195〜330万円   = 20%
  • 330〜695万円   = 30%
  • 695〜900万円   = 33%
  • 900〜1,800万円 = 43%
  • 1,800万円以上   = 50%

利益が低い場合は税率が低いですが、上がれば上がるほど税率が上がっていきます。その為、2,000万円利益を出す事が出来たとしたも、1,000万円の非常に高い税金を支払わないといけない結果に・・・

しかも、海外FXはレバレッジが高い分、どうしても利益が出やすいので高い税金を支払う事になります。そう考えると、330万円以上利益を出す事ができる人は、海外FXよりも国内FXの方が安く付くと言う事になります。

 経費をつける癖を

とはいえ、上記で説明したのは純利益の話しで、お金の管理が出来ている場合の事を説明しましたが、利益も経費も一緒にしてしまうと、経費も純利益と計算されてしまい、結果税金が高くなる事もあります。

また、証拠がないので脱税したのではないか、と疑われる危険が否定は出来ません。FXだけではなく、マメにお金の流れも管理して記録として置いておくと、何かと便利ですので、今のうちに癖をつけておく事をオススメします。

c555c377d5dbefd178436859c6460dd7_s

 まとめ

20万円以下の小遣い稼ぎぐらいでしたら、確定申告の必要はありません。しかし、それ以上となると絶対に確定申告が必要となります。

さらに、国内でFX取引をした場合は、どんなに利益が出たとしても、利益の20%だけで済みますが、海外は利益が出た分、税率は上がっていき、最高利益の半分は取られてしまう結果に・・・

しかも、海外はレバレッジの倍率が高いので、簡単に利益を出す事ができ、知らない内に税金が上がる可能性があります。

また、資金運用管理は何かあった時の証拠となり、問題になりにくいですが、そうでない場合は脱税した事になる事もあります。

ですので、税金で問題になる前に、資金運用管理をしっかり付ける癖をつけておく事をオススメします。

LEAVE A REPLY

Your email address will not be published. Required fields are marked ( required )