You are here:  / メリット・デメリット / 徹底解説!進化する海外FX業者で取引するメリット・デメリット

徹底解説!進化する海外FX業者で取引するメリット・デメリット

321ccec591b92b9d0df14a6c163e659a_s

世界経済の変動が大きい現代、FX取引もその変動に便乗していると言っても過言ではないでしょう。

そんな中、海外業者と取引をするFXが注目を集めつつあります。日本を飛び出し、世界へと投資をする人たちは一体何を求めているのでしょうか?

今回は海外に手を広げたい人の為に、海外FX業者で取引のメリットとデメリットについて解説していきますね。

そもそも海外FXって何?

FXは日本通貨と外国通貨との利息の差で、利益を出す仕組みですよね。そんなFXを運営している人のほとんどは、日本の証券会社や銀行で購入しています。

それを海外の業者と取引をするだけの事で、基本的なサービスや、やり方の違いはありません。つまり、どこで購入するかが違うと言う事なのです。

321ccec591b92b9d0df14a6c163e659a_s

 海外に手を伸ばす一番の理由って?

基本的なやり方も、サービスも同じだと言うのに何故海外FXに注目が集まっているのでしょうか?

それはずばり、「レバレッジの規制」だと言える事でしょう。

日本は2011年8月から、日本国内のFX業者を利用する時には、レバレッジは最大25倍までと規定がされました。(レバレッジとは、FX最大の特徴で、預け入れた証拠金で元本の何倍もの資金を取引する事ができる仕組みの事を言います。)

つまり、規定の定めがない海外業者で取引したいと言う投資家が、海外業者と取引するようになったと言う事なのです。

レバレッジ

 メリット

海外でFXを取引する理由の一つに、レバレッジの制限がない事を上記で説明しました。という事は、それだけ儲ける事ができるという事なのです。

日本は25倍した出来ないレバレッジも、海外業者の中には1000倍も掛ける事のできるFXもあるそう・・・一攫千金も夢ではありません。

 デメリット

逆に大損をする事も無視出来ません。

少ない額で大きなお金を動かせる利点はありますが、逆に大きく掛ければリスクはついてくるもの。日本が制限を掛けたのも、このリスクで損をする人が後を絶たなかった為と言っても過言ではありません。

自信があればいいですが、ないならしない方がいいでしょう。

 業者

 メリット

日本の業者を悪く言う訳ではありませんが、FXが不透明な事が言えます。

あれやこれやと理由をつけて利息を支払わせたり、カットしたりと業者の利益が出るように仕向けてくる事が多いのです。

しかし、海外は透明性が重視されていますので、そのような事をしたら一発でわかるでしょう。確実に利益を出したいなら、海外FXがいいと言えます。

信用は分かりませんが、透明性は日本と比べても高いので信用する価値はありそうですよ。

 デメリット

なんと言っても取引する相手は海外の人です。英語が出来ないと取引ができにくいと言えるでしょう。ですので、相手の言う意味も分からず、買ってしまい、騙されてしまう事もあるようです。

しかし、業者の中には日本語を話せるスタッフがいるところもありますので、探してみるのもいいかもしれませんね。

また、ネットなら全て日本語で簡単です。ですので、直接取引をしなくても、ネットを通じてする方がいいでしょう。

7ccdc67c27dfbe18398f242704433ba6_s

 まとめ

いかがでしたか?

海外取引をすると聞くとなんだか難しそうな感じがしますが、基本は日本と同じような取引。ただ違うのはFX規制が違うだけ。

その為、今海外と取引する投資家が増えています。しかし、外国の人と取引しないといけないので、言葉の壁があると言えます。

でも、中には日本語のわかるスタッフがいるところもありますので、興味がある人は一度調べてみるのもいいかもしれませんね。

そんな海外FX業者のほとんどはネットの取引もしています。ネットなら日本語ですので、問題ないでしょう。

とはいえ、今の時代ネットで取引する人が多いので問題なさそうですよね。

LEAVE A REPLY

Your email address will not be published. Required fields are marked ( required )