You are here:  / メリット・デメリット / まだ間に合う。FX取引のメリットって?基礎的なことから全て教えます

まだ間に合う。FX取引のメリットって?基礎的なことから全て教えます

b8655dffe416951188be12cc2915ca6a_s

FX取引を聞いた事はありませんか?

テレビや雑誌などで手軽に利益を出せる取引として、取り上げられる事が多くなりましたよね。

そんな話題のFX。やってみたいと思ってはいるけど、なんだか難しそうだし、メリットなんて少ないのではないか・・・と不安に思ってはいませんか?

そもそもFXの仕組みさえよく分からない、と言う人は多いと思います。

しかし、FX取引は初心者の人でもコツが分かれば、簡単に利益が出せる取引なんです。

今回はFX取引の仕組みと、メリットについて一から学んでいきましょう。

f5f8ee52eebb71dbee2d1d1885920419_s

外貨と日本円の差額で利益を出そう

FXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略で、外国の通貨を売買した時に出た差額で、利益を出す仕組みの事を言います。

例えば、1ドル=100円の通貨を買うとします。外国為替は市場によって金額が変動していきますので、数ヶ月後は1ドル=110円の価値に上がっていたとして、その時にドルを売ったとします。

元は、1ドル=100円だったのに、売った時は1ドル=110円になっている訳なので、差額の10円が利益となります。

このように、市場の変動を利用して外国為替の差額で利益を出す事をFXと言うのです。

金利が高い通貨を持つだけで利益UP

日本の銀行に預けても利子なんて全然つかない・・・とは思いませんか?

日本は世界的に見ても金利が0.1%と大変低く、100万円預けたとしても、年間1,000円ぐらいの利息しか付きません。

しかし、他の外貨は、その国によって利息率が違う為、もらえる金利が変わってきます。その為、国によっては50倍もの利息をつけてくれる通貨があります。

つまり、0.1%の金利を持つよりも、金利の高い外貨を持つことで、取引をしていなくとも、知らない間に利益を出す事ができると言う訳なのです。

少ない資金で大きな取引が可能

そんなFXの最大の特徴といえば、少ない額で元での何十倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」が使える事ではないでしょうか。

レバレッジとは「こて」と言う意味で、小さい力で大きな物を持ち上げる事を言い、他人資本を使う事で自己資本に対する利益率を高める事ができる仕組みの事を言います。

つまり、小さい元本には小さい利益しか生みませんが、レバレッジは小さい元本で他人の大きな元本に便乗して、大きな元本の利益をもらう事ができる仕組みと言えるでしょう。

しかし、逆に大きな元本に便乗すると利益も大きいですが損も大きくなってしまう可能性があります。

その為、レバレッジには自己資本に対しての他人資本倍率を設定する事ができ、自分に合った倍率を設定する事ができます。

ですので、ちょっと自身がない人でも、低い設定にできると事が初心者にとっても嬉しいですし、FXメリットと言えるでしょう。

ニュースを見て変動の流れを掴め

株や投資信託などは企業が対象なので、たとえ日本経済がいいとしても、必ず株が上がるとは限りません。

ですので、利益を出そうとするなら専門知識が必要になりますが、外貨は違います。

外貨はその時の世界経済によって変動していきますので、経済にあまり知識がない人でも、ニュースを見ていれば大体経済の流れがわかりますので、初心者でも扱いやすく、分かりやすいと言えるでしょう。

42eee6143b47672aaad33883f57eac76_s

まとめ

FXの基本的な仕組みは下記の通りです。

  • 外貨差額で利益を出す。
  • 高い金利の外貨を持つだけで利益が出る。
  • 小さい元本で、大きな元本で得る事ができる利益を出せる。
  • 経済ニュースで流れが掴める。

外貨取引と聞くと一見難しいように思うかもしれません。

しかし、意外にも簡単で金利が低い日本は、外貨を持っているだけで利益を出す事ができるのです。また、外貨変動が激しいFXは、今から初めても遅くはありません。

レバレッジを利用して、上手に利益が出る事を願っています。

LEAVE A REPLY

Your email address will not be published. Required fields are marked ( required )